日々是煩悩

カテゴリ:牡丹( 33 )

1年

牡丹の命日でした。
昨年の4/7は金曜日で、家のものの帰りを待つかのように旅立ちました。

あれから1年・・・あっという間に過ぎましたが、その間辛くて一度も写真を見ていませんでした。

今なら少しは大丈夫。
一番元気だった頃の牡丹です。
f0037434_5561458.jpg

[PR]
by jiujiuK | 2007-04-07 05:47 | 牡丹

深大寺

今日、深大寺に行って最後のお別れをしてきました。
迎えに来て貰って供養を一任する方法もありましたが、家族の意向もあり最後まで立ち会いました。
桜よりも新緑のほうが目立つようになった木々の間を、空に上っていきました。

思うところは色々あります。
自分のしてきたことが本当に良かったのかどうか、今でもわかりません。

それでも気持ちの区切りだけは一応つきました。

昨夜、病院からお花をいただきました。
色々な方から励ましのメールやお悔やみのメール、コメント、果ては陣中見舞いの猫缶までも頂戴しました。
本当に有難うございました。

牡丹の記録として、ここに最後の報告をさせていただきます。
f0037434_3521760.jpg

[PR]
by jiujiuK | 2006-04-09 18:41 | 牡丹

サクラチル

4月7日 19:29 息を引き取りました。
家族の腕の中で静かな最期を迎えました。

気にかけてくださった皆様、本当に有難うございました。

感謝を込めて・・・

by jiujiu
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-07 20:11 | 牡丹

牡丹 闘病記録2

僅かでも望みがあるならと、1日1回の投薬とインターフェロンの投与。
そして家の者と何とか分担して、2~3時間毎に水分及び栄養補給を続けている。

衰弱が進んでいる。

削痩が進んで判ったのだが、口内右側にしこりがある(頬のあたりを中心に多分リンパ節の腫れか、何らかの腫瘍だと思う)。
痛みなどを殆ど感じないでいる様子なのが唯一の救いか。
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-06 21:28 | 牡丹

牡丹 闘病記録

5:00 流動食にニュートリカルを加え、2ml程度与える。水分も補給。
7:40 無駄かも知れないと思いながら、抗生剤とステロイドをブドウ糖液に溶かして投与。

体重減少も著しく1.8kgを下回った。

大輔が寄り添っている。
f0037434_13334618.jpg

10:00 再度、 流動食とブドウ糖液投与。
13:00 ブドウ糖液のみ3ml。自力で水も飲んだ。
16:00 流動食少々
19:30 ブドウ糖
21:40 抗生剤・ステロイド投与
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-04 22:30 | 牡丹

牡丹 お兄ちゃんの手助け

先程仮眠(というより、うたた寝)中に大輔が階下で大鳴きしていました。
慌てて飛び起きて牡丹の様子を見ると、ベッドの中でおしっこをしていました。
大輔は食い意地が張っていますが、ヒトが寝ているときに起こしてまでご飯の催促などはしないので、ただ妹の様子を知らせたかったのでしょう。

体を拭いた後、ブドウ糖とインターフェロンを与えました。

いま、大輔と花子が傍で見守っています。
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-04 00:14 | 牡丹

牡丹 自宅療養

昨日、担当医と話をして自宅療養に徹する決心がつきました。
日中のケアなど問題は山積みですし、
どちらに転んでも結果は同じであることは十分理解しているつもりです。

それでも出来るところまでやるしかないと、
どうにか自分の中で決心らしきものは固まりました。

どうやら肉芽腫(癌ではありません)も若干出来ているようです。
腎臓にも多少発症しているかも知れません。
しかし、これ以上辛い思いをさせたくないので、
細胞を採取したりレントゲンを撮ったりするようなことは一切しませんでした。

多少の不快感はあると思われますが、
極端に苦しむようなものでもないので様子を見て抗生剤とステロイドの投与を
(可能な範囲で)続けます。

ここ数日同じ話ばかりで、自身ですら嫌気がさしています。
それでもここに書き留めるだけで、ある程度冷静さを保つことが出来ます。

申し訳ありませんが、もう少しだけお付き合い下さい。
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-03 05:13 | 牡丹

牡丹 昨夜の様子

昨日夕方から横たわったままになり
自力で水を飲むこともしなくなったので、正直諦めていました。

夜中ついているつもりでしたが不覚にもうたた寝。

3:00頃鳴き声で目が覚めました。
ベッドから這い出して、その脇に排泄の跡がありました・・・
自分のいるところを汚したくなくて、這い出したようでした。
体を拭いた後で水を自力で飲みました。

この子はまだ生きようとしています。

やはり入院になると思うけれども、病院に連れて行くことにします。
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-02 09:33 | 牡丹

牡丹 迷いは消えず

12:55 病院にキャンセルの電話を入れた。
本人にかかるであろうストレスや、体への負担を考慮して苦渋の選択。
決断というには迷いがあり過ぎるが、このまま「自分の家」で過ごさせたい。
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-01 13:03 | 牡丹

牡丹 朝を迎える

予断を許さぬ状態であるが、朝を迎えられた。
昨夜から今朝にかけて3~4回に分けて、インターフェロンと流動食を投与。水分補給は随時。
昨日から投薬はしていない。

僅かに喉を鳴らす様を見て、つい期待してしまう。

その一方で、今日の通院(予約は入れてあるのだが)に大きな迷いがあるのも事実。
[PR]
by jiujiuK | 2006-04-01 06:58 | 牡丹

B型ですけど、ナニか?
by jiujiuK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

うちの猫らと「ち」の変な..
from ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら..

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな